KAT-TUN

August 26, 2018

生まれてはじめてのコンサートでは昼間で、
透けて入る陽光や照明があかるくて気づかなかった。
はじめてそれを見て、そう感じたのは京セラドームだった。
もうよく覚えてないけれど白っぽいペンライトだったんだろう、
客電が落ちた瞬間、本当に夜空に輝く星たちみたいに見えた。
息が止まるかと思った。そこに星座はないけれど、
当時好きだったプラネタリウムよりずっときれいだって思った。

今でも、誰のライブに行ってもコンサートに行っても、
はっきりとペンライト文化があるイベントなら、
照明が消えて、その光だけが浮かぶ瞬間がとても好き。
「こんなにきれいな景色、他にあるかな」って毎度じんわり思う。
たまに、最中にぼうっと客席を見つめてしまうことすらある。

市販のサイリウムやキンブレじゃなくて、
そのイベントのグッズのペンライトが好き。
アーティスト側がそのイベント演出の為だけに考えて作ったもの。
以前、本命のとこの初日MCで、
「想定よりペンラで会場明るくなりすぎた、明日リハで調整する」
って言われたときは笑っちゃったけど。
(あの時はカッティングが独特だったから反射で光量増えたんだろう)

似たようなことをフィギュアの国旗やバナーで思う。
こっちは夜空の星々ではないけれど、
例えばパレードやバザールの空撮に近い、のかな。
種類の豊富な、カラフルな絵の具のパレットのような。
或いは、明るいうちに飛行機で着地する前の、
少し遠くから見える地上みたいな。

国旗は気にならないけれど(当たり前)、
私は「おそろいのバナー」がまったく好きではないので、
公式タオルやネットプリントバナーやCFリターン品は使わない。
(紙は最早苦手の範疇に入るので余程じゃない限りは持たない)
使うとしてもちょっとデコレーションしてアレンジ入れる。
まぁ、そんな自分のこだわりはともかく。
国際大会で、演技の前、良い演技そうじゃなかった演技の後、
レベランスの間に掲げられる様々な色の布たちは、とてもきれい。
勿論日の丸がたくさん掲げられている光景もだけど、
どこの国の国旗だって誰のバナーだって、いいなぁって思う。
ばかみたいに色んな国の国旗を揃えているのもそのせいかな。
(3月のミラノは全出場国準備しようとしたけど幾つか足りなかった)
どの国のどこの会場へ行っても、
「あなたのスーツケースは国旗でいっぱいだね」って言われるのが、
ちょっと楽しくなってきている私がいる。

昨夜の月がまんまるで、久々に本物の夜空をじっくり眺めながら、
こんなことを考えていた辺り、私は自然に優しくないなぁ。笑


(19:05)

August 07, 2018

上田さんのCAST解釈、
パンフレット読んで笑ってしまったんだけど「配役」て。
辞書そのまま!
でもこの人のこういうところが好きなんだよ。

CASTツアー初日福岡2Days行ってきました。
KAT-TUN絡みで遠征するのは、
去年のKソロ仙台以来か……東京Dは家から30分だから。
普通に遊びに行くほうがよっぽど遠いとこいくよ。笑

まだ初公演地を終えたばかりだからネタバレは書かないし、
もう「感想」というものを書くことができなくなったのだけど、
(これでも昔はレポ師的なことしてたのに……mixi時代だけど笑)
純度100%で楽しかった。ひたすら何もかもが楽しかった。
もともと九州に旅行(遠征)するのはすごく好きで、
毎回九州開催は申し込んでいたので、今回も行けて嬉しかった。
それは食べ物が美味しいから、気候が合ってるからとかじゃなくて、
単に「なんとなく居心地がいい」から。
理由はわからない、自分にも。

数年来やり取りしてるのにはじめて会った友達と一回、
自分一人で一回。
どっちもなんかもう、幸せ!楽しい!成分が脳から分泌されてた。
あー……楽しかったなぁ……。

今回は福岡、新潟、仙台にしようと思っていたんだけど、
オーラス(現時点で。追加ドーム来い!)の大阪も行きたくなった。
そこでしか会えない友達もいるし。
今回一番家から近い横浜に行かない代わりに、大阪探そうかな。

それで、やっぱり自覚せざるを得ないのだけど、
SNSを中心としてスケオタをするのは、
私にとってはものすごくストレスだったみたい。
AOT、飯塚杯とかは日程被りだったのだけどこちらに集中したくて、
数日間意図的に情報を遮断(偶にリザルト確認のみ)したのだけど、
もう、びっくりするほどラクだった。ストレスフリー。
ほぼ毎日見ていた悪い夢も見なかったし、
凝り固まっていた身体の硬さがちょっとだけマシになった。
(整骨院で「なにかありましたか?」と尋ねられたぐらい)
しんどいなぁって要素がなにもないの。生きるのがラクだったの。
ノーペイン、ノーゲインは心得ていたはずなんだけど、
最近は「ペイン」がちょっと、行き過ぎていたみたいです。

スケートを見るのも、遠征するのも、
やめるつもりはないけど、今後はやり方を変えます。
簡単に言えば、ステルスになろうかと。
バナー並んだりとかそういうのはやるけどね。
全然ステルスじゃないな。でも、バランスを心がけます。
昨シーズンがやりすぎだったってことなんだろうけどね。
100%のHappyをくれるイベントもちょいちょい挟んで。笑

”All the world's a stage
And all the men and women merely players”
彼らはKAT-TUN、私はそのハイフンという配役、な遠征でした。

初日に一緒に行った友達と、AMU博多で食べた桃のパフェ
まるごと一つ分の桃が使われてるので、これでお腹いっぱいになった。
AMU博多そのものも自担のパネルだらけですごく楽しかった!
なんたってイメージキャラクターですもんね。
最初のスイバというかアスユア発売前後は渡航してたんで、
サマースペシャルでパネル増えたタイミングで行けてよかった。

DjvC_IxVAAIc6Y9


(16:22)