フィギュアスケート

August 26, 2018

生まれてはじめてのコンサートでは昼間で、
透けて入る陽光や照明があかるくて気づかなかった。
はじめてそれを見て、そう感じたのは京セラドームだった。
もうよく覚えてないけれど白っぽいペンライトだったんだろう、
客電が落ちた瞬間、本当に夜空に輝く星たちみたいに見えた。
息が止まるかと思った。そこに星座はないけれど、
当時好きだったプラネタリウムよりずっときれいだって思った。

今でも、誰のライブに行ってもコンサートに行っても、
はっきりとペンライト文化があるイベントなら、
照明が消えて、その光だけが浮かぶ瞬間がとても好き。
「こんなにきれいな景色、他にあるかな」って毎度じんわり思う。
たまに、最中にぼうっと客席を見つめてしまうことすらある。

市販のサイリウムやキンブレじゃなくて、
そのイベントのグッズのペンライトが好き。
アーティスト側がそのイベント演出の為だけに考えて作ったもの。
以前、本命のとこの初日MCで、
「想定よりペンラで会場明るくなりすぎた、明日リハで調整する」
って言われたときは笑っちゃったけど。
(あの時はカッティングが独特だったから反射で光量増えたんだろう)

似たようなことをフィギュアの国旗やバナーで思う。
こっちは夜空の星々ではないけれど、
例えばパレードやバザールの空撮に近い、のかな。
種類の豊富な、カラフルな絵の具のパレットのような。
或いは、明るいうちに飛行機で着地する前の、
少し遠くから見える地上みたいな。

国旗は気にならないけれど(当たり前)、
私は「おそろいのバナー」がまったく好きではないので、
公式タオルやネットプリントバナーやCFリターン品は使わない。
(紙は最早苦手の範疇に入るので余程じゃない限りは持たない)
使うとしてもちょっとデコレーションしてアレンジ入れる。
まぁ、そんな自分のこだわりはともかく。
国際大会で、演技の前、良い演技そうじゃなかった演技の後、
レベランスの間に掲げられる様々な色の布たちは、とてもきれい。
勿論日の丸がたくさん掲げられている光景もだけど、
どこの国の国旗だって誰のバナーだって、いいなぁって思う。
ばかみたいに色んな国の国旗を揃えているのもそのせいかな。
(3月のミラノは全出場国準備しようとしたけど幾つか足りなかった)
どの国のどこの会場へ行っても、
「あなたのスーツケースは国旗でいっぱいだね」って言われるのが、
ちょっと楽しくなってきている私がいる。

昨夜の月がまんまるで、久々に本物の夜空をじっくり眺めながら、
こんなことを考えていた辺り、私は自然に優しくないなぁ。笑


(19:05)

August 14, 2018

タイトルは、「愛の讃歌」の日本語訳詞中の「燃える」関係語彙。
順に燃える手、燃えるくちづけ、燃える指、燃やす火なんだけど、
最後に「とかす(心とかす)」も入るのね。
「燃える」は決して「恋」を修飾しない。
恋を飾るのは「とかす(最後の「心とかす恋よ」)」。

気になったのは、

・燃えるは客観的だけど燃やすは違う
・「燃えた」結果「心をとかす(ほどの恋)になる」

ってとこ。
燃えるを三回、燃やすを一回重ねた結果、恋が心をとかす。
恋愛の経過をたどってる感じがする。
おもしろい訳詞だなぁと思いました。

ま、関係ないですね。実際には本命さんは、
ピアフの歌詞のままをカース歌唱版で滑るので。
(仏語は得手じゃないから余裕のある時に検証する)
実施要素と結果はともかく、良いプログラムだと思う。
私は気に入りました、とても。まだ言葉にしたくないほどに。

スカイフォールのあとのフリーの選定は難しかっただろう、
似た系統か奇抜な方向にした方が安牌だけど(そんな案もあったはず)、
さすが有香さん、どうすればいいか理解していて提案したんだろう。
(Energiaは奇抜だから。海外に先駆者がいるから、まだ楽だけど)
マスターピースに近いものができてしまった次は大変だ、
というのをとても良くわかっているひとだと思う、
ご自身やたくさんのお弟子さんたちの経験的に。
それと、シャンソンにしてもあえてこれを持ってきたのがいい。
ジュスイマラードもしくはラヴィアンローズ、
それかミルヴァ歌唱版とかでオブリビオンがくるかな、
そろそろピアソラやってもいいだろうし、
と思っていたけど、さすがにそんな安直には行かなかったね。
予知能力なんてない。あったら勝つ選手だけ応援するわ。笑

有名どころの中でも、特に愛の讃歌は国内の老若男女、
むしろ中高齢の方がメロディー認知度は高いだろう。
日本語のタイトルがあるシャンソンは限られているし。
(佐野コーチが絶賛していたのも頷ける)
スケオタ的には鈴木さんになりますかね、やっぱり。
演技を見たら別物ではある(人も振付も違うのだから当然)し、
スカイフォールが全日までヨナを引き合いに出されたよりは、
断然ましだろうけど、多少は比較されるだろうな。

要素としては、スピンが面白かった(色んな人が言ってるけど)。
全体的にレベルと加点取るの、大変そうだわ。
唯でさえ要素判定が厳しくなるのに、易きに流れなかった。
相当な挑戦であることには間違いないから、
ジュニアから上がってきたメンツに勝てないことも覚悟する。
無論、それも考慮して最後には全てに勝てると判断したと信じるが。

三日間の予定を二日に縮めて山梨へ行ってきた。

ショートの応援を失敗してしまった。
直前練習が少しナーバスに見えたから、
盛り上げた方がいいと思ってすぐ手拍子したんだけど、
当然ながら揃わず、すぐ裏拍と表拍がバラバラになった。
まるで、去年の全日本のジプシーダンスみたいだった。
もしタイミングを崩させてしまっていたら、本当に申し訳ない。
ステップのみを裏で通すor表で通すのがいいのかな。
勿論、そんなの私の決めることじゃない。
次のオータムは、ほぼ羽生さんのファンだろう。
彼のファンは多分裏拍ができる(LGCは通しで裏だったし)から、
オータムでお客さんがどういう応援をするかを見て、
自分のやり方とスタンスを決めることにする。
何れにせよ、「ちょっとは落ち着け」、私。

フリーは見る側として、とても緊張していた。
けれど、衣装がショー用(設楽さんだったかな)で、
「これは初披露で、披露さえできればそれで」と思えて、
ちょっと呼吸が楽になった。メインコーチもいなかったし。
それでも直前、ものすごく胃が痛くて呻いてしまって、
その時近くにいたひとたちには申し訳なかった。
結果は……個人的には2位だと。松原選手はすごかった。
でもこれは採点競技で、彼女はシニア一年目で、
本命は三年目で実績あって表現は素晴らしくて……そんなもんだ。
ストレートに言えば、妹弟子の住吉選手の方が余程良い出来だった。
松岡選手が少し出遅れるようだから、住吉選手には頑張って欲しい。

シニア女子が終わってから、永井選手と話せたのが嬉しかった。
本当は中道選手にも話しかけたかったんだけど、
足切りのある試合は声掛けない方が良いか、と思ったので。
今季の永井さんは両方良いプログラムだから楽しみ。
タイプとしてSPの押しが弱めだと思っていたので(FSはいつも良い)、
SPが素晴らしい作品で嬉しい。最後の畳み掛けは何度でも見たい。

久々に男子フリー(ショートは見なかった)と、
Bクラス女子も見たので、フィギュアスケート観戦を楽しんだな。
昔みたいにたくさんメモをとった!笑
折角だから、そのうちパンフレットと照らし合わせて残したい。

何故こんなに甲府へ行くのを迷っていたかと言うと(言い訳)、
11日がネーデルの誕生日だったからです。ハハハ。
ぎりぎりまで粘って渡蘭するか、考えていた。
自分の時は態々休み取って貰ったのに、私は返さないのか、と。
結局、日本時間で通話して祝って、蘭時間にテキスト送って、
土曜早めに戻ってまた通話した。行くべきだったかな。
答えは出ない。どちらもかえがきかない存在で出来事だ。
後悔はしていない(どちらにせよ後悔しないと最初に決めた)から、
そのうち何か埋め合わせをして、この件はきっとこれで終わり。


(03:05)

August 07, 2018

上田さんのCAST解釈、
パンフレット読んで笑ってしまったんだけど「配役」て。
辞書そのまま!
でもこの人のこういうところが好きなんだよ。

CASTツアー初日福岡2Days行ってきました。
KAT-TUN絡みで遠征するのは、
去年のKソロ仙台以来か……東京Dは家から30分だから。
普通に遊びに行くほうがよっぽど遠いとこいくよ。笑

まだ初公演地を終えたばかりだからネタバレは書かないし、
もう「感想」というものを書くことができなくなったのだけど、
(これでも昔はレポ師的なことしてたのに……mixi時代だけど笑)
純度100%で楽しかった。ひたすら何もかもが楽しかった。
もともと九州に旅行(遠征)するのはすごく好きで、
毎回九州開催は申し込んでいたので、今回も行けて嬉しかった。
それは食べ物が美味しいから、気候が合ってるからとかじゃなくて、
単に「なんとなく居心地がいい」から。
理由はわからない、自分にも。

数年来やり取りしてるのにはじめて会った友達と一回、
自分一人で一回。
どっちもなんかもう、幸せ!楽しい!成分が脳から分泌されてた。
あー……楽しかったなぁ……。

今回は福岡、新潟、仙台にしようと思っていたんだけど、
オーラス(現時点で。追加ドーム来い!)の大阪も行きたくなった。
そこでしか会えない友達もいるし。
今回一番家から近い横浜に行かない代わりに、大阪探そうかな。

それで、やっぱり自覚せざるを得ないのだけど、
SNSを中心としてスケオタをするのは、
私にとってはものすごくストレスだったみたい。
AOT、飯塚杯とかは日程被りだったのだけどこちらに集中したくて、
数日間意図的に情報を遮断(偶にリザルト確認のみ)したのだけど、
もう、びっくりするほどラクだった。ストレスフリー。
ほぼ毎日見ていた悪い夢も見なかったし、
凝り固まっていた身体の硬さがちょっとだけマシになった。
(整骨院で「なにかありましたか?」と尋ねられたぐらい)
しんどいなぁって要素がなにもないの。生きるのがラクだったの。
ノーペイン、ノーゲインは心得ていたはずなんだけど、
最近は「ペイン」がちょっと、行き過ぎていたみたいです。

スケートを見るのも、遠征するのも、
やめるつもりはないけど、今後はやり方を変えます。
簡単に言えば、ステルスになろうかと。
バナー並んだりとかそういうのはやるけどね。
全然ステルスじゃないな。でも、バランスを心がけます。
昨シーズンがやりすぎだったってことなんだろうけどね。
100%のHappyをくれるイベントもちょいちょい挟んで。笑

”All the world's a stage
And all the men and women merely players”
彼らはKAT-TUN、私はそのハイフンという配役、な遠征でした。

初日に一緒に行った友達と、AMU博多で食べた桃のパフェ
まるごと一つ分の桃が使われてるので、これでお腹いっぱいになった。
AMU博多そのものも自担のパネルだらけですごく楽しかった!
なんたってイメージキャラクターですもんね。
最初のスイバというかアスユア発売前後は渡航してたんで、
サマースペシャルでパネル増えたタイミングで行けてよかった。

DjvC_IxVAAIc6Y9


(16:22)